HOME > 加工サービス紹介 > レーザー溶接

レーザー溶接

YAGレーザー溶接で精密な肉盛り補修が可能

当社では、ドイツVISION社のYAGレーザー溶接機を用いて、金型の肉盛り補修や小物部品の溶接を行っております。   金型のすり減りやキズの補修、デリケートな貴金属の修繕など、精密な修復を要求される肉盛り溶接をもっとも得意としています。                        プラスチック金型、ゴム金型、プレス金型、アルミ鋳物、機械部品などの溶接実績があります。

 

YAGレーザー溶接の特徴

・Ф0.2~Ф0.6mmの線材を使用。

TIG溶接等では難しい微細な肉盛りが可能です。 

・必要最小限の肉盛りで、後加工を大幅に短縮できます。 

・熱による変形、歪み、ヒケ、酸化がほぼありません。

・溶接部に巣やピンホールがほとんどできません。

YAGレーザー溶接で精密な肉盛り補修も可能

比較

TIG溶接とYAGレーザー溶接の比較/マッチ棒とのサイズ比較
加工前と加工後の比較
レーザー溶接

溶接材料

・S50C ・PX5 ・NAK55 ・NAK80 ・STAVAX
・SKD11 ・SKD61 ・SKH51 ・MAS1 ・HPM38
・SUS304 ・SUS316 ・SUS630 ・アルミ ・チタン
・ニッケル ・ベリリウム銅      

上記以外の材料も取り寄せが可能ですので、お気軽にご相談下さい。

  • お気軽にお問い合わせください
  • フォームからのお問い合わせ
  • TEL:078-965-2795
  • <営業時間>平日9:00~17:00