HOME > 星野製作所のモノづくり

星野製作所のモノづくり

成形・金型・溶接 三位一体のモノづくり

星野製作所は1973年に神戸で創業して以来、一貫してプラスチックの射出成形品を製作してまいりました。その間、確かな品質の「モノづくり」を実現するために、金型の設計・製作、さらにはレーザー溶接(肉盛り溶接)にも取り組むようになりました。


現在では、安定した品質のプラスチック射出成形品をお客様へ提供するために、金型の設計・製作~射出成形(量産)~金型のメンテナンス・補修までを社内で一貫して対応しております。     万が一、金型にトラブルが生じた際もスピーディーに対応して、安定した量産を実現しています。

  • 品質管理により、安定した品質の
    良い製品を生み出す射出成形
  • 成形品を生み出す金型の
    設計・製作
  • 金型の微細な肉盛補修を
    可能とするレーザー溶接

また、作業の標準化・見える化を進めることにより、品質管理の向上を図っております。     それにより、お客様の企画やニーズに対して、小ロットから量産まで幅広く対応し、品質の良い製品作りに努めております。


目まぐるしく変化する時代のなかで、お客様に信頼される「モノづくり」を目指して、私たちは前進し続けます。